openFrameworksとArduinoの連携1:サンプルを動かす

昨年度授業で何度か使ったArduinoですが、
使わないうちに忘れきっていたので、サンプルを動かすところから始めました。

今回作ろうと考えている作品は、円盤を回転させて台の上の仏像を回転させる感じなので、
OFとArduinoを連携させて回転のしかたを制御します。

11月までの研究課題は今のところ、
『OF上(てかパソコンの画面)でつまみ的なものを動かすとそれと同じようにサーボモーターが回転するものを作る』
なのでそれを目指して頑張ります。
でも
・上に置く仏像
・回転する仕組み
・詳しいサイズ
・プロジェクションマッピング用の映像の内容
も11月までには出来てないとやばいんじゃないかな…

やり方

Mac Book Pro, OSX 10.8.5
Arduino UNO, Arduino 1.0.2
openFrameworks of_v0.7.4

OFとArduinoを連携させる方法は2つあるそうです。
1.自分でArduino IDEでプログラミングする
2.Firmataライブラリ http://firmata.org/を使う

1はよくわからないので2でやってみました。

①配線

OF内(v0.7.4の場合はexamples/communication/firmataExample)にある「firmataExample.xcodeproj」をXcodeで開いて、実行すると、
こういう図が出ます。

スクリーンショット 2013-09-25 17.44.18
この通りに配線しました。
ただ、この図だけだとサーボの種類とか可変抵抗の種類とか何がいいのか
私にはわからないのですが適当に置いておきました。

②Arduinoにスケッチを書き込む

ArduinoをUSB接続して、StandardFirmataを開いて、マイコンボードに書き込む。

③OFのfirmataExampleを実行する

①で言ったOF内(v0.7.4の場合はexamples/communication/firmataExample)にある「firmataExample.xcodeproj」を開いて、testApp.cppのsetup()内に接続するデバイスを記述する。
スクリーンショット 2013-09-26 19.33.08
↑黄色いところです。

うまく出来ていれば、方向キー(左右)を押すとサーボモータが回ります。
多分他にもなにかやれることがあるはずなんですが、英語が読めないので今日はここまで。

参考
『多摩美 – メディア芸術演習 VI – メディア・アート II 2011 第9回:openFrameworksとArduinoを連携する』
yoppa.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください