openFrameworksとArduinoの連携2:FirmataExampleについて

前回書き込みに成功したFirmataExampleですが、
サーボモータ以外の動かし方がわからない!ので
英語をうっすら翻訳してみました。

testApp.cppのsetup

[cpp]void testApp::setup(){//画面設定 ofSetVerticalSync(true); ofSetFrameRate(60); ofBackground(255,0,130); buttonState = "digital pin:"; potValue = "analog pin:"; bgImage.loadImage("background.png"); font.loadFont("franklinGothic.otf", 20); smallFont.loadFont("franklinGothic.otf", 14);//デバイスの接続するスピードを設定 ard.connect("/dev/tty.usbmodemfa131", 57600);//Arduinoとの接続が確立するのを監視するリスナー//接続が確立したら、setupArduno()を実行 ofAddListener(ard.EInitialized, this, &testApp::setupArduino);//接続が確立したかどうかのフラグ bSetupArduino = false;}[/cpp]

update()はupdateArduino();(Arduinoを更新)しか無いので、 draw()にいきますと、

 

[cpp]void testApp::setupArduino(const int & version) {//これ以上必要ないので、リスナーをリムーブ ofRemoveListener(ard.EInitialized, this, &testApp::setupArduino);//Arduinoにコマンドを送るのに今安全です bSetupArduino = true; // コンソールへのファームウェア名およびバージョンを表示します cout << ard.getFirmwareName() << endl; cout << "firmata v" << ard.getMajorFirmwareVersion() << "." << ard.getMinorFirmwareVersion() << endl;// 注:ピンA0 – A5はデジタル入力と出力として使用することができます。// Arduino 1.0からのStandardFirmataを使用する場合はそれらをピン-19 14と呼んでください。// Arduino 0022あるいはより古いを使用する場合は、16 -21を使用してください。// Firmataピン番号はバージョン2.3(それはArduino 1.0に含まれている)に変更されました。// デジタル入力へのセット・ピンD2およびA5 ard.sendDigitalPinMode(2, ARD_INPUT); ard.sendDigitalPinMode(19, ARD_INPUT); // pin 21 if using StandardFirmata from Arduino 0022 or older// アナログ入力へのセット・ピンA0 ard.sendAnalogPinReporting(0, ARD_ANALOG);// デジタル出力としてのセット・ピンD13 ard.sendDigitalPinMode(13, ARD_OUTPUT); // デジタル出力としてのセット・ピンA4 ard.sendDigitalPinMode(18, ARD_OUTPUT); // Arduino 0022あるいはより古いからのStandardFirmataを使用するは場合ピン20// PWM(アナログ出力)としてのセット・ピンD11 ard.sendDigitalPinMode(11, ARD_PWM);// D9をピンで留めるためにサーボを付けます。 // サーボモーターはピンD3、D5、D6、D9、D10あるいはD11に付けることができます。 ard.sendServoAttach(9);// ディジタルとアナログのピン上の変更を監視するリスナー ofAddListener(ard.EDigitalPinChanged, this, &testApp::digitalPinChanged); ofAddListener(ard.EAnalogPinChanged, this, &testApp::analogPinChanged);}
[/cpp]

飽きました。
このコード内の改行が無くなっちゃうのなんとかしないと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください